STE現象報告会

平成27年度・第1回STE(太陽地球環境)現象報告会
- STE Event Report Workshop -

 平成27年度第1回STE現象報告会は、SCOSTEP-WDS Workshop on Global Data Systems for the Sudy of Solar-Terrestrial Variability*との合同により、VarSITI Data Analysis Sessionとして開催します。国際的なデータ関連活動、データの情報科学的取扱い、データ解析による太陽地球系現象の研究に関心のある方々の御参加を期待しております。
 なお現時点における、現象データ解析に関連の深い外国人参加予定者は、N. Gopalswamy (SCOSTEP), Jie Zhang (ISEST/VarSITI)、S.G. Kanekal (NASA/GSFC)、S.F. Fung (NASA/SPDF)、R. Redmon (NOAA/NESDIS)、K. Wang (IPS)、B. Ritchel (ESPAS) です。

* SCOSTEP-WDS Workshop Webページ http://isds.nict.go.jp/scostep-wds.2015.org/

日 時 SCOSTEP-WDS Workshop全体
 平成27年9月28日(月)10時30分~9月30日(水)12時30分(暫定)
(9月27日夕方に、参加登録と情報交換会を開催予定)。
VarSITI Data Analysis Session
 平成27年9月29日(火)14時00分 ~17時30分・  9月30日(水)10時~12時30分(暫定)
 29日午後は報告期間・重点解析期間のデータ紹介と解析結果の講演・議論
 30日午前は、それ以外のイベントに関する解析結果の講演・議論に充てる予定。
場 所 国立研究開発法人情報通信研究機構 小金井本部 国際会議室 (アクセス
使用言語 英語
報告期間 2015年3月~2015年9月

重点解析
期間

(1)2015年3月15-18日(St. Patrick’s Day 2015 Event)
(2)2015年6月21-24日(Summer Solstice 2015 Event、夜光雲)

報告期間中のデータ

【京都大学飛騨天文台 太陽磁場活動望遠鏡(SMART)】

2015年
3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月

【WSO作成のソースサーフェースシノプティックチャー(WSO提供) 】

CR2161(2015.02.28) CR2162(2015.03.27) CR2163(2015.04.24)
CR2164(2015.05.21) CR2165(2015.06.17)

【ACE衛星による太陽風データプロット(NICT提供)】

3月 4月 5月 6月 7月
8月 9月

【GOES衛星による静止軌道での観測(NOAA/NGDC提供)】

3月 4月 5月 6月 7月
8月 9月

【地磁気嵐リスト(気象庁地磁気観測所柿岡 提供)】

開始(UT) 終了(UT) タイプ ΔH(nT
2015/03/17 04:45 2015/03/21 15:00 急始 237
2015/05/12 22.0 2015/05/14 01:00 緩始 99
2015/06/08 5.0 2015/06/08 24:00 緩始 125
2015/06/22 18:33 2015/06/24 12:00 急始 279
2015/07/15 3.0 2015/07/23 16:00 緩始 117
2015/08/15 08:29 2015/0817 21:00 急始 160
2015/08/26 6.0 2015/08/29 12:00 緩始 109
2015/09/08 22.0 2015/09/10 03:00 緩始 131
2015/09/11 4.0 2015/09/11 19:00 緩始 103
2015/09/20 06:03 2015/09/20 21:00 急始 113

【Dst指数のプロット(京都大学/NICT提供)】

2015年3月 2015年4月 2015年5月
2014年6月 2014年7月 2014年8月
2015年9月

【報告期間の電離圏の状況(NICT提供)】

【ARモデルによるサイクル24の予測】
(NICT提供)
  【サイクル24パネルメンバーによるサイクル24
極大の予測】(2009年5月更新)
 
極大の時期 極大の大きさ
2013年5月

黒点数:90±10
F10.7:141.3±9

【太陽活動周期24の推移(NOAA/SWPC提供)】
 

ページトップへ戻る